FCRキャブ調整




ジェットニードル編

失敗は成功の父と言われるが、私の場合失敗だらけの父って感じです(爆)
σ(^_^;)アセアセ...失敗の一例をご紹介します、参考にしてね(^▽^;)

☆FCRジェットニードル
頭の文字が9O△×○とOC△×○の2種類があります。
9O△×○は小型ボディのFCR(28Φ〜33Φ)用
OC△×○は大型ボディのFCR(35Φ〜41Φ)用


比較写真をアップします・・・(゚_゚i)タラー・・・
右が大型用、左が小型用(見りゃ判るか)
小型と大型のジェットニードルの長さは2cm位違います。
間違わない様に、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`


△×○の説明

 △×○              内容
  △ 針の途中で段になっている所の開く角度、アルファベットが大きくなる程濃くなります
  × 針が細くなる所迄の長さ、アルファベットが大きくなる程薄くなります
  ○ 針の太い部分の太さ、アルファベットが大きくなる程薄くなります


切り欠きの説明
尖った方と反対側に溝がありますが
端から1段→2段→3段→4段→5段で数字が大きくなる程濃くなります。
よくよく数えたら溝は7つありました\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆


ジェットニードルの調整だけならこの程度の工具でOKです。
再利用可能な束線バンドが役に立ちます、眼鏡は老眼鏡(爆)






固定ボルト
シートを外すとタンクを固定しているボルトが出てきます。
10mmの眼鏡レンチまたはスパナで外します。






ホース、コネクタ取り外し
右側にホースとコネクタが有ります。
左側はコックのホースと負圧のホース計2本
シート側にホースが1本有ります。
おまけ、HIDのバラストです。





タンクの置き方
タンクを置く場合給油コックが飛び出しているので
ブロック等を台にして置くと良いです。





上蓋を取る
上の蓋は六角ネジ2本で止まっています。
六角レンチ(3mm)でネジを外します。





ジェットニードル
左側が蓋を開けた状態です。
右側がストッパーを外して(4mmの六角レンチで外せます)
ジェットニードルが見える状態です。





スローエアージェットは大きい方のネジがそうです。
隣の小さいのはメインエアージェットです。





真ん中に飛び出しているのがメインジェットです。
上の黒い穴の中にパイロットスクリューが隠れています。

パイロットスクリュー(PS) 1戻し
スローエアージェット(SAJ) 1と1/2戻し
ジェットニードル9OFTM 1段 5000回転で被り
ジェットニードル9OGTQ 5段 出だしトルク無し
パイロットスクリュー(PS) 1戻し
スローエアージェット(SAJ) 1と1/4戻し(出だしOK)
ジェットニードル9OGTQ 3段 気温が低い時は2500回転〜3000回転がもたつく
スローエアージェット(SAJ) 2、3気筒のみ45度締め付け(右へ)2010/9/15
メインジェット(MJ)
ジェットニードル9OGTQ 5段
130番→110番(交換)2011/9/4
低速と中速のツキは良くなったが、気温が低いと4000回転で谷が出来る
ジェットニードル9OGTQ 7段 2011/9/18
8000回転で薄くなり過ぎて回らなくなる
メインジェット(MJ)
ジェットニードル9OGTQ 5段
110番→122番(交換)2011/9/18
6000回転で谷がある様だが?10000回転からまた伸びる
ジェットニードル9OGTQ 6段 寒くなって来たけど良くなったみたい
谷も無くなった様??2011/10/1
ジェットニードル9OGTQ 7段 小春日和なのに8000回転でバラつく
メインジェット交換だな 2011/11/12
メインジェット(MJ) 122番→118番(交換)2011/12/4
プラグを見たら真ん中だけ白い(周りは黒い)ので薄くしてみた。
ちょっと乗った感じではOK(自分の感覚は当てにはならないけどね)
メインジェット(MJ) 118番→125番(交換)2011/12/17
やはり自分の感じはあてにならなかった(爆)
118番ではプラグ真っ白のまま、125番にしたら茶色くなった。
もう少し薄い方が良い気がするが、あてにならないのでこのまま。
ジェットニードル9OGTQ 4段 7段→4段(変更)2012/3/20
春になったので調整します(爆)
7段では濃い(プラグが黒色くなった)4段にしたら茶色くなった。
もう少し濃い方が良い気がするが、あてにならないのでこのまま。




メインジェット 130番 ジェットニードル9OGTQ 3段
気温が低い時は2500回転〜3000回転がもたつくと感じた時のグラフ




FCRのキャブ調整をするなら開閉度が重要なのでこんな風にすると楽でした(^^)v
印が合っている所が開閉 0、下へ向かって1/8、1/4、1/2、全開です。

今回、調整に当たり参考にさせていただいたHPです。

2011年9月4日ついに、禁断の領域に手を出してしまいました(爆)
キャブを外すのは1年ぶり位、オイルキャッチ付けたら外し難くなった。
MJは120番だと思い込んでいたら、何と130番でした(ちゃんと確認しろよ)
10000回転迄はOKだったので、少しこのままで走ってみます。

結果:迷チューナー誕生(爆)
泥沼にハマリ込んだようです。
MJ110番では4000回転辺りに谷が出るのでニードルの段数を7段に変更してみました。
結果:8000回転で薄くなり過ぎて回りません(大爆笑)
MJを122番に交換してニードルの段数を5段で挑戦です。
スロットル1/2から上で谷があるので6段に変更。
寒くなったら8000回転で息切れ(爆)
7段に変えて駄目ならMJを125番にするしかないのか。

エイプのキャブ調整から学んだ事、冬だから濃くすれば良いってもんじゃ無い。
濃過ぎても高回転でパラパラいう。
もしかして、と思いプラグを見たら真ん中は白いが周りは黒い(白いのは焼け過ぎです)
ちょっと薄くして様子を見ようと、MJを122番→118番に変えてみた(逆だっつうの)
二ードルのクリップ段数は7段のままで乗ってみた、予想通りパラパラいわなくなった(気のせいね)
完全に迷っているのね(大爆笑)

プラグの焼け方から高回転が薄い事が判ったのでMJ118番→125番ちょっと濃くしてみた。
ニードル段数7段のまま118番122番125番と試した結果118番122番プラグ真っ白
125番急に黒くなる、1/2から先が濃くてパラパラいっている様です。
天気の良い日にニードル段数を4段にしてみるかな(爆)





       
TOPへ         戻る